書いて覚える以外の方法だってある

テキストなど印刷物を読んで、必死に
頭にいれようとしていませんか。
何度も何度も書いては忘れ、書いては忘れを
繰り返していませんか。
書いて覚える

*記憶法と陽転思考をトレーニングする
セミナー講師瀬口理恵です。

印刷物を読んで頭にいれようとする時よりも、
実は
思い浮かべるときに脳に入ります=「インプット」。

ところが、思い浮かばない「もやもや(イライラ)部分」があるでしょう。
そこを見直して、
「あ、そうか!」と思ったとき、
脳にスコーン!と「インプット」入ります。
このギャップがたまらなく脳にいいのです。

〇必ず、印刷物から目を離し、目線を少し上にあげ、
思い浮かべて(イメージして)ください。
この思い浮かべることが、「アウトプット」でもあるのです。

〇思い浮かべる度に反復になり、再「インプット」。

〇その絵をみながら、口に出して「アウトプット」。

〇耳からもう一度入り直して、反復になり、再「インプット」。

この時のイメージ力がぼんやりでなく、
クリアであることが大事。
(クリアなイメージ磨きはベーシックコース、記憶力アップセミナーをご利用ください)

贈る言葉♪「イメージする、見ないでイメージを何度も思い浮かべる、問題を読んでどのイメージを思い浮かべるのか区別する、解ける!」

笑顔溢れる1日を
行ってらっしゃい。

ブレイン・コンシェルジュ 瀬口理恵

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です